あ~あ・・・



ネット上にデータを保存するサービスは全て著作権侵害で違法

オンラインストレージサービス、わかりやすく言うと、Yahoo!の運営する「Yahoo!ブリーフケース」とかジャストシステムが運営する「インターネットディスク」とかKDDIが運営する「セキュアシェア」とか、そのほかにも「ファイルバンク」とかNTT東日本の「フレッツ・ドット・ネット」もアップルの「.Mac」もみーんなまとめて「著作権侵害で違法」だそうです。不特定多数で共有できなくても、たった一人の特定ユーザーしか利用できなくても違法です。

もはやあきれて言葉が出ませんが、東京地裁(高部真規子裁判長)は2007年5月25日、こういった不特定多数にダウンロードを許可するのではなく、特定のユーザーしか保存できないしダウンロードできない「MYUTA」という携帯電話向け音楽データのストレージ・サービスに対して著作権侵害に当たるとの判断を示しました。音楽著作物の利用許諾が必要だそうです。

つまり、オンラインストレージサービスおよびそれに類するあらゆるサービスの運営業者はJASRACに音楽著作物の利用許諾を申請した上で、利用料を保存されるファイルに対して支払わないとダメだということです。しかも判決内容をよく読むとこれは特に音楽著作権に限った話ではなく、著作権に関するあらゆるものに対しての判決っぽい。一体いくつのサービスが閉鎖するのか、週明けからとんでもないことになる予感がします。


この内容が、良く分からないという方は、こちらのサイト様も併せてどうぞ。


一応、痛いニュース様へのリンクも張っておきます。





日本音楽著作権協会(笑)様、やりたい放題ですね(´∀`)

まぁ、あたしにゃ巨悪の組織に立ち向かえるような力はないので、
こうして情報を広めることで、少しでも頑張っておられる方の力になりたいと思います。

この記事をご覧になった方、是非ともこのニュースを広めてやってください。



5/28 17:00追記~

すごいぜ!JASRAC伝説!

ニコニコ動画に、こんな動画が上がっていました。
Youtubeからの転載らしいので、ニコニコのアカウント持っていない方はそちらを。
[PR]

  by dandelion_3266333 | 2007-05-27 18:28

<< 最近のお気に入り 【知る権利】は視聴者に責任転嫁... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE